胸の大きさにまつわる話

昨日は会社の同僚達とご飯を食べてから帰ったのですが、そのご飯の席でなぜか胸の大きさの話になりました。
一人の同僚はタンクトップなどの少々の露出でもくっきりと谷間が出来る感じの胸に
あこがれているようだったのですが、私は違います。
私もそんなに立派な胸をしているほうではありませんが、
年齢が上がるにしたがって下がってきたり脇に流れたり、また脇肉がついたりといろいろと面倒が多いし、
そうなると洋服もきれいに着こなせなくなってくるので、
むしろ胸などほとんどなくてよい、というのがここ十年ほどの持論です。
今ですら、むしろさらしを巻いてしまいたいくらいだと彼女に言いました。
そうしたら、また彼女とは別の同僚が、彼女に向かって「今、この歳で?」とききました。
確かに私もそう思いました。10代や20代、もしくはお嫁入り前ならまだしも、
今そんなに胸があってどうするのかな、とちょっと不思議に感じたのですが、
その大きな胸希望の彼女はその年齢を重ねて下垂に悩むことすらしてみたい、
一度でいいから垂れて困るといってみたいというのです。

人それぞれだなと思って楽しく会話し、
また久々のこじゃれたお店での会席もおいしくいただけたのですが、
帰って来てから娘にその旨にまつわる始終を話しましたところ、

胸の大きいのがいい同僚の意見は男性の目を意識しているといい、
私の意見は女性同士の中での目を意識しているといいました。
確かに私の場合は男性の目はほとんど考えたりしていません。
なるほどなと思うと同時に、まだ高校生になりたての娘がこんなに鋭いなんてと、少し驚いてしまいました。


私の大切なもの・そして思い出

若い頃は占いと言えば、まず恋愛運、結婚運などが一番気になってそんなことばかり調べていたけれど、
バツイチの現在、全くと言っていいくらい恋愛運、結婚運には興味がないかも・・・
そんなことより金運や健康運の方が気になるのは年を重ねたせいかな(笑)
若い頃は常に彼氏がいたし、別れたとしても次の人が待っているというくらいモテた時期もあったのに、
結婚して、子供を生んで、離婚して、そんな経験をしてきた現在は
誰かとつき合いたいと言った感情はないと言っていいくらいあまり感じない。
それより、大好きな海外旅行をいっぱいしたい気持ちの方が断然強い!
現にここのところ、一年に二回以上は海外に行っているし、海外に行っている時が何より楽しい。
若い頃から外国が大好きで今まで30ヶ国以上行っているけど、
中でもワーキングホリデーで一年間住んだオーストラリアのシドニーは忘れられない。
今、思い出してもワクワクするし、一番大好きな彼と暮らした思い出でもあるのできっと一生忘れることはないし、
私にとっては一番の思い出だと思う。
もう一つ忘れられないのは、結婚前に家族で行ったカナダやアメリカの旅行の思い出・・・カナダ旅行なんて、
一人の旅行代金が75万円もした豪華な旅行だったから、
至れり尽くせりのくつろぎの旅が本当に素晴らしかったな・・・
父や母、そして妹夫婦と過ごした時間は本当に楽しくて素晴らしかった!12日間の旅だったけれど、

私にとっては忘れられない一生の思い出になった。両親も年をとってくると、
もう皆で行くのはなかなか難しくなってしまうのが本当に残念で淋しく思う。
人ってものより思い出だなってつくづく思う今日この頃・・・


更新履歴